読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Keep Going

技術的なこととか、雑文とか

「ピクサー流 創造するちから」を読みました

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

前半部分はエド・キャットルムがピクサーを作りトイ・ストーリーなど名作を作るとこまで話が進みます。 自叙伝ぽくストーリーがあるのでスラスラと読めました。

途中でスターウォーズジョージ・ルーカススティーブ・ジョブズなど聞いたことあるような著名な人物も登場し面白く話が進んでいきます。

後半はエドが創造性が生まれる環境をどのようにして作ろうとしているのかという部分がメインでした。

文中にあった

いいアイデアを二流のチームに与えたら台無しにされる、二流のアイデアを優秀なチームに与えたら、それを修正するから、捨ててもっといいのを思いついてくれる。

という言葉からもわかるように、チームや、そこで働くスタッフを大切にしていることが伝わってきました。

大きな組織では一貫性はメリットがあるが、大きな全体の中の小さなグループは、自らを差別化し、独自のルール(そのルールが機能している限りでは)にしたがって運用すべきだと私は固く信じている。

ピクサーとディズニーを合併した時の話など、マネジメントなども学べる一冊なので、文章量は多いですが読んでおいて間違いない一冊です。